33.JR総武本線船橋駅




JR船橋駅は島式2面4線の高架ホームを有する総武本線の駅である。
名称上は総武本線だが、一般的には東京及び御茶ノ水から千葉までの間は地元利用者としては“総武線”と理解されている。
快速線停車駅であり、南側から1番線、2番線が緩行線、3番線、4番線が快速線と緩行線と快速線が分離されて運行されている。
北口、南口に出られる改札口のほかに、高架下にある複合商業施設シャポー1階に直接出られる無人のシャポー口が設置されている。
またJRの高架の北側に隣接して東武百貨店があり、その2階に東武野田線のホームがある。
しかし直接乗り換えることは出来ず、一端改札を出て高架下の南北通路に出てからの乗り換えとなる。
京成船橋駅とも比較的近いため、JRと京成との乗り換え駅としても機能している。
京成電鉄は嘗て相対式2面2線の地上絵ホームを有し、上下線で改札が別となっていたため、上り線は踏切を渡らないと乗り換えられなかった。
しかし京成船橋近辺の連続立体交差工事が実施され、2007年11月17日より京成船橋駅が高架化され、
またJRと京成の間を再開発し、複合商業施設Faceが誕生し、京成電鉄は直接2階から乗り換えられるようになった。
しかしJRの改札口は1階のため、1回ロータリーに出てエスカレーターからペデストリアンデッキに登り降りしなければならない。
1894年総武鉄道が市川から佐倉まで開通した時に同時に開業した。
1907年9月1日に鉄道国有法により総武鉄道が国有化され、総武線となる。
現在の総武線を開業させた総武線は1887年に設立した総州鉄道と武総鉄道が免許申請却下により一緒になって作った会社である。
1923年12月27日には北総鉄道が現在の東武野田線となる船橋線を開業させた。
この北総鉄道は現在の北総開発鉄道から改称した会社とは全くの別会社である。
1929年11月22日に北総鉄道は総武鉄道に改称したが、
戦時中の1944年3月1日、陸上交通事業調整法により東武鉄道に合併され、東武野田線となった。
船橋の地名の由来は日本武尊が東方征伐の途中、夏見の日枝神社で雨乞いを行うが、
雨が降りすぎて陸に戻れなくなったことから地元の漁師が舟を並べて救ったという逸話からこの地を“船橋”と呼ぶようになったという。
船橋駅南口の出入口脇には「船橋町鳥瞰図」の銅板レリーフが設置され、
そこには昭和初期の船橋駅や本町通りの商店、学校、寺社などが描かれている。
当時の船橋町は人口約二万人、町内を走る車はわずか29台でまだ埋め立てもなく、漁師町、宿場町として栄えていたという。
この銅板の脇の説明書きには以下のように書かれている。
但し、判読不明の部分は伏せ字としている。

   銅板 船橋町鳥瞰図

  贈 一九九四年(平成六年)六月四日
  銅板「船橋町鳥瞰図」設置実行委員会

  船橋町は、九日市(現在の本町一帯)を中心として江戸時代から宿場町・漁師町として栄えてきました。
 「船橋町鳥瞰図」は一九二七年(昭和二年)に画家松井天山(一八六九年〜一九四七年)によって描かれたもので、
 ××として発展を×めた当時のまちの様子が克明に写生され、船橋の歴史を今に伝えるとともに、
 ふるさと船橋の発見に大きな功績を果たしてくれます。
  この銅板鳥瞰図は、松井天山の作品に船橋の町名起源となった「舟」を組み合わせたもので、
 船橋を愛する多くの市民・団体・企業の皆様の協賛(協賛氏名は裏側に設置)により、
 市の将来の発展と歴史を生かすまちづくりの願いをこめて制作設置されました。

  船橋市
  船橋市教育委員会


画像 de2379
撮影時刻 2001/11/25 06:48:46

船橋駅北口。
東武百貨店の1階入口と共通で、
東武野田線の入口になっている。
ここから駅前ターミナルに出ることが出来る。


画像 de2380
撮影時刻 2001/11/25 06:50:23




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2001-2010