1115.JR山陽本線新山口駅



JR新山口駅は単式2面2線と島式3面6線の計5面8線の地上ホームを有する山陽本線の駅である。
また新山口から分岐する山口線の起点駅、宇部線の起点駅でもある。
また山陽新幹線の接続駅にもなっており、通過線の中線2線を挟んで相対式2面2線の高架駅がある。
画像は南口(新幹線口)で、その反対側の北口(在来線口)から数えて単式ホームの1番線と隣の島式ホームの2番線が山口線、
3番線は回送列車用、4番線、5番線が山陽本線上り、6番線、7番線は山陽本線下り、8番線が宇部線となる。
新幹線は上り新大阪方面が11番線、下り博多方面が12番線に付番されている。
1900年12月3日に山陽鉄道が三田尻(現・防府)から厚狭までが開通したのと同時に開業した。
開業時は地名が吉敷郡小郡町だったことから小郡の駅名となった。
山陽鉄道は1906年12月1日に国有化され、1909年10月12日の線路名称制定で山陽本線となった。
同年2月21日には大日本軌道山口支社線が乗り入れてきたが、1913年2月20日に廃止された。
大日本軌道山口支社線が廃止と同時に山口線が山口まで開業した。
1925年3月26日には宇部鉄道が乗り入れ、戦時中の1943年5月1日に国有化され、宇部東線となった。
戦後の1948年2月1日に宇部東線は宇部線に名称変更した。
1975年3月10日には山陽新幹線が岡山から博多まで延伸したのと同時に開業した。
2005年10月1日に小郡町が近隣の町とともに山口市に合併することを睨み、
2年前の2003年10月1日に駅名を新山口に改称した。
南口には「種田山頭火像」がある。
自由律俳句の俳人は山口出身で、その句碑には以下のように書かれている。

    まったく雲がない笠をぬぎ 山頭火

 種田山頭火は、さすらいの旅を続け、質の高い
 自由律俳句を作りつづけた層雲派の俳人で
 「昭和の芭蕉」といわれた。
 昭和七年から同十三年まで郡町矢足に
 住み、家を「其中庵(ごちゅうあん)」と称し、
 生涯でもっとも充実した日々をおくり、「其中
 日記」を残した。
 この句は、昭和五年に旅の途中、晴天の下で
 網代笠(がさ)をとり、ひと休みしたときに詠ん
 だもので直筆を復元して刻んでいる。


画像 dd13008
撮影時刻 2009/07/25 14:22:02

JR新山口駅北口(在来線口)。


画像 dd13006
撮影時刻 2009/07/25 14:01:30
南口の種田山頭火像。


画像 dd12967
撮影時刻 2009/07/25 09:24:36




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2016