141.JR中央本線武蔵境駅




JR武蔵境駅は中央本線(中央快速線)の駅であり、また西武多摩川線乗換駅であもある。
かつては駅舎もJRのものを使用していて改札も共通であった。
西武多摩川線は他の西武鉄道とは接続していない独立路線で、府中市の是政までを結ぶワンマン運転の単線路線である。
1889年4月11日に甲武鉄道が新宿−立川間を開通させた時に同時に開業した。
開業した時の駅名は「境」で、出雲松江藩の屋敷奉行の境本氏が御用屋敷のあったこの場所を幕府より貰い受け、
境新田開発に努めたことにより“境”の地名がこの地に付けられたのが駅名の由来である。
1906年10月1日に甲武鉄道は国有化され、国鉄の駅となった。
多摩川の川原で採取された砂利を運搬する目的で、1910年に多摩川鉄道が設立され、
1917年10月22日に境(現・武蔵境)−北多磨(現・白糸台)間が開業、1919年6月1日に常久(現・競艇場前)まで延伸、1922年6月20日に是政まで延伸した。
多摩鉄道は1927年8月30日に西武鉄道に合併され、西武鉄道多摩川線となった。
この西武鉄道は現在の西武鉄道の西武新宿線の元となった川越鉄道の系列のもので、
西武新宿線の元となった多摩湖線に端を発する武蔵野鉄道と食糧増産が、
戦時下の陸上交通事業調整法によって合併して誕生したのが西武農業鉄道であり、社名変更して現在の西武鉄道となった。
画像は南口で大きなロータリーがあり、駅の並びにはホテルメッツ武蔵境、ロータリーの反対側にはイトーヨーカドーがある。
北口のロータリーは狭く、武蔵境通りを北上すると境浄水場がある。
また亜細亜大学や日本獣医畜産大学などの最寄り駅でもあり、武蔵境は文教地区の一面も持っている。


画像 de7918
撮影時刻 2003/06/07 11:08:44

JR武蔵境駅北口。


画像 de7919
撮影時刻 2003/06/07 11:12:55




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2002-2009