315.JR両毛線前橋駅




前橋駅は両毛線の駅であるが、現実的には両毛線は高崎まで乗り入れていて、両毛線の始発駅にはなっていない。
逆に高崎線を経由して上野まで直通する編成はある。
現在は高崎−新前橋間は上越線になっているが、もともとは高崎から前橋までの高崎線延長路線が先に造られ、
上越南線を施設するに当たって分岐地点を新前橋駅にしたのである。
1884年8月20日に日本鉄道旧前橋駅が開業したが、前橋市街地とは利根川を隔てた場所に建設されたため、鉄橋は今日が建設された。
一方小山から両毛鉄道が路線を建設し、1889年11月20日に前橋市街地まで達し、ここに前橋駅を設置した。
両毛鉄道前橋駅の開業の翌月、利根川の鉄橋が完成し、日本鉄道の高崎延長線が両毛鉄道前橋駅に接続した。
この時旧前橋駅は廃止された。
1897年には両毛鉄道は日本鉄道と合併するが、1906年公布の鉄道国有法によって日本鉄道は国有化され、
高崎−前橋間の高崎線延長線と前橋−小山間の旧両毛鉄道線は統合され、両毛線となったが、
のちに高崎−新前橋間は上越線となった。
現在の駅舎は1986年に完成し、この時に南口が新たに造られた。


画像 de7659
撮影時刻 2003/05/17 09:31:47



REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2004-2007