635.JR土讃線高知駅



JR高知駅は島式2面4線の高架ホームを有する土讃線の有人駅である。
かつては画像の単式1面1線と島式1面2線の計2面3線の地上ホームを有する駅であったが、2008年に高架化され、新駅舎に切り替わった。
旧駅舎は南口側に駅舎があり、北側には通り抜けできなかったが、高架化されたために北側にもロータリーが出来た。
新駅舎は地元の杉材を使用した木造となっており、“くじらドーム”の愛称が付けられている。
1924年11月15日に高知線が日下から高知まで延伸した時に同時に開業した。
1928年8月10日に土佐電気(現・土佐電気鉄道)の高知駅前電停が設置された。
画像の駅舎は2代目で、2004年より高架工事が着工され、2008年2月26日に新駅舎が完成した。

画像 dd03093
撮影時刻 2004/09/11 16:44:12

高知駅前の土佐電気鉄道高知駅前電停。


画像 dd03096
撮影時刻 2004/09/11 17:00:05
2008年に高架化された新駅舎南口。
くじらドームの愛称がある。


画像 dd15195
撮影時刻 2010/01/23 11:00:59
新駅舎北口。
高架化により駅前が整備された。


画像 dd15191
撮影時刻 2010/01/23 10:54:33




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2011