671.JR吾妻線川原湯温泉駅



JR川原湯温泉駅は相対式2面2線の地上ホームを有する吾妻線の駅である。
吾妻線は吾妻郡六合村の群馬鉄山で採掘された鉄鉱石を輸送するために長野原線の名称で戦時中の1945年1月2日に開通した。
戦争末期で戦局が芳しくなく、貴重な鉄鉱石を輸送するために当初は貨物線として開業、同年8月5日から中之条までの旅客営業が開始された。
戦後は付近の温泉地帯へのアクセス線として観光路線として利用さている。
川原湯温泉駅は1946年4月20日に川原湯の駅名で開業した。
1991年12月1日に川原湯温泉に駅名変更した。
駅名の川原湯温泉は徒歩約15分の場所にある泉質が含食塩石膏硫化水素泉の温泉街から来ていて、
数軒の旅館と共同浴場が点在する。
源頼朝が狩りをしている最中、1193年に発見したとされ、毎年1月20日耐寒の未明に湯を掛け合うゆかけ祭りが有名である。
450年前に宣言が一度枯渇し、鶏を生け贄に祈願したところ再び湯が湧き上がったことからその湯を掛け合って喜んだことに由来するといわれている。
また川原湯温泉の付近では八ッ場(やんば)ダムが建設中で、これが完成すると川原湯沿線はダムに水没する。
そのため吾妻線も水没地域を回避するために岩島から長野原草津口までを南側の高台に移設し、
現行路線を廃止にする予定である。
そのためこの川原湯温泉駅も水没することとなり、新線に新駅が設置される予定である。
民主党に政権交代した時に八ッ場ダムの建設中止をマニフェストに謳っており、その動向が注目されているが、
正式に中止となったわけではないので新線の建設は現在も工事は継続されている。
水没する予定のため、吾妻線では唯一の木造である。


画像 dd03344
撮影時刻 2004/10/07 11:08:40



REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2011