678.南海電鉄泉佐野駅



南海電鉄泉佐野駅は島式3面4線の高架ホームを持つ南海本線の駅であり、また空港線の起点でもある。
複線の南海本線が3つの島式のホームに真ん中のホームに接し、更に両側のホームにも接する。
難波方面から泉佐野市駅に入線する直前に南海本線は分岐して外側のホームに接し、
それは泉佐野を出たあとに関西空港方面に至る空港線となる。
空港線下り関西空港方面は高架の本線を更に上からパスして、
空港線としてりんくうタウン直前でJR関西空港線と接続する。
つまり南海本線と空港線は方面別にホームを共有し、また待避線も兼ねている。
このため南海本線と空港線の乗り換えを隣のホームに会談などで移動することなく、同じホームから乗り換えることが出来る。
画像は高架化途中の東口で、まだ新駅舎は完成していない。
1897年10月1日に南海鉄道が堺から佐野まで延伸した時に終着駅として開業した。
開業当時は佐野駅を名乗っており、同年11月9日には尾崎まで延伸して途中駅となる。
戦時中の1944年6月1日に南海鉄道は陸上交通調整法により関西急行鉄道と合併し、近畿日本鉄道が設立する。
戦後の1947年6月1日に高野山電気鉄道に南海鉄道の路線を譲渡する形で南海電気鉄道が設立する。
1948年4月1日に泉佐野に改称する。
1994年6月15日に関西空港開業を受けて南海空港線が開業、起点駅となった。
これに合わせて島式2面4線の地上ホームから4面5線の高架ホームに変更される予定だったが工事が遅れ、
また空港線の利用状況に合わせて規模を縮小し、3面4線での高架化となった。
2002年5月26日に上り線のみ高架化、2005年11月27日に下り線も高架化された。


画像 dd03553
撮影時刻 2005/01/22 09:34:43

南海泉佐野駅西口。


画像 dd03561
撮影時刻 2005/01/22 09:56:19




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2011