702.JR山陽本線徳山駅



JR徳山駅は単式面1線と島式2面3線の計3面4線の地上ホームを有する山陽本線の駅であり、また山陽新幹線のホームも有する。
1番線が北口在来線口に隣接し、2番線はホームと接しない中線となっており、3番線、4番線がひとつの島になり、5番線はの島の反対側には線路がない。
5番線は貨物列車の待避線として利用されている。
山陽新幹線は相対式2面2線の高架ホームとなっており、中線2線が通過列車用になっている。
在来線と連番となっており、6番線が上り、7番線が下りとなっている。
画像は南口で、こちらが新幹線口となる。
1897年9月25日、山陽鉄道が広島から徳山まで延伸した時に終着駅として開業した。
翌年3月17日に三田尻(現・防府)まで延伸したのに伴い途中駅となる。
1906年12月1日に山陽鉄道は国有化され、1909年10月12日の線路名称制定により山陽本線の所属となる。
現在の北口ができたのは1969年9月から使用開始した。
1975年3月10日に岡山から博多まで延伸され、同線の停車駅となった。


画像 dd03731
撮影時刻 2005/03/06 13:17:03

JR徳山駅北口。


画像 dd03732
撮影時刻 2005/03/06 13:22:09




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2012