788.水島臨海鉄道水島駅



水島臨海鉄道水島駅は島式1面2線の高架ホームを有する水島本線の駅である。
旅客本線のほかに側線に貨物線があり、また水島本線の終点は隣の三菱自工前だが、
この駅は近隣の工場の通勤時間帯のみ運行されているため、実質的には水島本線の終着駅といっていい。
水島港の最寄り駅となっており、瀬戸大橋開業以前には四国の丸亀との間にフェリーが運航されていた。
水島本線は1943年6月30日に三菱重工水島航空機製作所専用鉄道として倉敷から水島航空機製作所(現・三菱自工)までが敷設されたのに始まる。
戦後の1947年に元水島航空機製作所専用鉄道を水島工業都市開発に移管、
1948年8月20日に同線を水島工業都市開発が社倉敷(現・倉敷市)から水島を経て水島港までを地方鉄道法による鉄道として開業、
この時に水島駅も同時に開業した。
同線は1952年4月1日に水島工業都市開発から倉敷市に譲渡、倉敷市交通局運営の市営鉄道となった。
1970年4月1日に水島臨海鉄道が倉敷市交通局から施設譲渡を受け、同社の路線となる。
1992年9月7日に高架化され、現在の駅舎となった。
高架化される前までは単式ホーム1面1線に貨物通過線1線が敷設された無人駅だった。


画像 dd04798
撮影時刻 2006/01/21 14:22:07



REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2012