806.JR肥薩線吉松駅



JR吉松駅は島式2面4線の地上ホームを有する肥薩線の有人駅である。
また吉松を起点とした吉都線も乗り入れており、観光列車「いざぶろう・しんぺい号」と「はやとの風」の乗換駅でもある。
肥薩線と吉都線はかつては鹿児島本線と日豊本線であり、主要ターミナル駅として栄えていた。
そのことを示すように駅前には蒸気機関車C55型52号機が静態保存されている。
1903年9月5日に鹿児島線が横川(現・大隅横川)から延伸して終着駅として開業した。
1909年11月21日には松吉から人吉までが開業し、現在の肥薩線が全通、この区間が当時の鹿児島本線となった。
1912年10月1日には宮崎線が小林町(現・小林)から延伸してきて接続する。
宮崎線は当時の鹿児島本線であった松吉と宮崎とを結ぶ路線として宮崎県営鉄道によって敷設され、
1917年9月21日に国有化され、吉松から宮崎を経て広瀬(現・佐土原)に至る路線が宮崎本線となる。
宮崎本線はそののち1923年12月15日に小倉から吉松までが日豊本線となったためにその一部として吸収された。
1927年10月27日に鹿児島本線の海線が全通、八代から吉松を経て隼人までが肥薩線として分離された。
また1932年12月6日には松吉から都城までが日豊本線から分離され、吉都線となった。


画像 dd05707
撮影時刻 2006/05/13 11:53:10

JR吉松駅前に静態保存されているSL。
蒸気機関車C55型52号機。


画像 dd05706
撮影時刻 2006/05/13 11:47:56




REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2013