936.JR信越本線妙高高原駅



JR妙高高原駅は単式1面1線と島式1面2線の計2面3線の地上ホームを有する信越本線の駅である。
島式ホームとは跨線橋で結ばれていて、1番線が下り、2番線は上下線共有、3番線は上りが使用する。
1888年5月1日に関山から長野まで敷設された際、“田口”の駅名で開業した。
1969年10月1日に“妙高高原”に改称された。
2015年春には北陸新幹線の長野から金沢までの延伸開業に伴い、
並行在来線の妙高高原から直江津までの区間がJR東日本から経営分離され、えちごトキめき鉄道になる予定である。

取材時は本屋外装修繕中で足場が組まれてしまっていた。


画像 dd08285
撮影時刻 2007/04/21 16:10:07



REI RINGONO Station
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2014